大阪府 公立12校大会 開催

梅雨の中休みを思わせる晴れ間。緊急事態宣言解除を翌日に控えた6月20日。豊中マリンフードマルチグランドで、恒例の「公立12校大会」が開催されました。
緊急事態宣言発令中ですので、いつもの、リーグ戦とトーナメント戦でなく、練習会として「AD(アタック・ディフェンス)」の点検整備を中心におこないました。
また、密を避けるため、二部制とし、午前と午後どちらかに参加する方式としました。あわせて、近隣住民のクレームを受け、観客席のみならず、グランドへは生徒とコーチ、教員のみの入場に制限しました。
大会は当初は、近隣の公立校の交流と技量の向上を目的に開催されましたが、ご承知のとおり、各校の部員不足から単独校でチームを成立させることができず、合同チームを形成し、練習や試合に臨んでいるところから、合同チームの参加も促してきたところです。今年は全体で28校が参加してくれました。
今年は、非常事態宣言で部活も思うようにできず、今日の練習を楽しみにしていると話す生徒もいました。
全体的には、パスミスなど小さなミスが目立つなど、今後の精進の積み重ねが進歩につながる「伸びしろ」のある参加者の皆さんでした。

なお、ユニオンからは宮本、山田、山内、城田、北の各氏がサポーターとして参加しました。

参加校は以下のとおりです(合併などがあり、目新しい学校名もあります)

  • 高津
  • 合同A(汎愛・都島工)
  • 合同B(渋谷・東淀川・桜塚・大商学園・箕面学園)
  • 合同C(北摂つばさ・刀根山・山田・淀川清流・太成学院・大阪学院・茨木西・島本・春日丘・高槻北・三島)
  • 合同D(門真西・門真なみはや・守口東・城東工科・旭・勝山・成城・布施・花園・みどり清明・清水谷・八尾)

4月25日予定のタグラグビー体験会を中止します

「蔓延防止等重点措置」が大阪市に発令され、府内の感染者数も増加傾向にあるところから、4月25日に予定していました「タグラグビー体験会」について、感染予防の観点から中止させていただきます。
楽しみにされていたお子さんやご家族の皆さんには。誠に申し訳なく思うていいるところです。コロナが終息し心置きなくラグビーが楽しめる状況になりましたら、開催いたしたいと思っています。それまで、健康に留意され健やかに過ごされますことを祈念いたします。

3月7日開催予定の「タグラグビー体験会」は中止します。

「非常事態宣言」が解除されましたが、感染拡大の対策強化が求められているところです。
つきましては、3月7日開催予定の「タグラグビー体験会」は、中止とさせていただきます。
楽しみにされたいたお子さんたちには申し訳ありません。
再開されたときにお会いできることを楽しみにしています。

第100回全国高等学校ラグビーフットボール大会開催!

 いよいよ「第100回全国高等学校ラグビーフットボール大会」が始まります!
今回はまことに残念ながら無観客での開催となってしまいましたが、まずは開催できた事への協会、高体連、学校関係者のご尽力に感謝したいと思います。
今大会ではスクールOBの在籍する高校が10校(18名の選手が在籍)出場していますので、現場での応援はかないませんが「J-スポーツ」、MBS毎日放送のホームページの「HANAZONO LIVE」で各選手の応援をしましょう!!

▼OB在籍校(登場順)
京都成章・尾道・新田・東福岡・石見智翠館・日本航空石川・松山聖陵・報徳学園・関西学院・常翔学園

又第100回大会を記念して”高校ラグビー発祥の地PR”として豊中市のホームページ上で「ラグビーの魅力を紹介」と言うタイトルのページが、早ければ12月25日(金)より開設されます。
ホームページ作成に当たっては豊中市スポーツ振興課よりアンケートの依頼があり、スクール生お母さん
現役高校生スクールOBに協力頂きましたのでそちらも是非ご覧下さい。

▼リンク
MBS毎日放送「HANAZONO LIVE」

長門顧問、大阪府から“生涯現役スポーツスポーツ賞金賞”を授与される

豊中市ラグビーユニオン及びラグビースクール顧問の長門諄一氏が10月30日大阪府知事並びに大阪府テクレーション協会会長から「生涯現役スポーツ賞金賞」が授与されました。
本来なら、府庁で表彰式が行われますが、コロナ禍のため自宅に豊中市体育連盟から届けられました。
この賞は、年齢が80歳以上で引き続く活動歴が50年以上の方に贈られる賞です。

 <長門さんの活動歴>
1954年~1957年 大阪府立北野高校ラグビー部在籍
1958年~1962年 早稲田大学ラグビークラブ所属
1962年~1999年 伊藤忠ラグビー部に所属、赴任地のクラブチームに参加
1999年~現在  豊中ラグビースクール指導員
2000年~2003年 豊中ラグビースクール運営委員長
2004年~2007年 豊中ラグビースクール副校長
2008年~2011年 豊中ラグビースクール校長
2012年~現在  豊中ラグビースクール顧問

赴任地のラグビースクールとの交流を企画。静岡ラグビースクール、さぬきラグビースクールとの遠征交流を隔年で実施し、現在も豊中ラグビースクールの活動として継続実施されています。

<長門さんの談話>
只今大阪府より生涯現役スポーツ大賞 決定通知が届きました。早速 亡妻の霊前にお供えし、ご尽力いただきました会長始め関係各位にご報告と御礼申し上げます。
私は過去には品行方正賞以外にこれと言った賞を戴いた記憶が有りません、大変名誉な事です。
最近終活を積極的に取組んでおります。皆さんのお蔭で棺桶にTRSのユニフォームと一緒に賞状を納棺出来る事は最後に最高の時を迎える事が出来る幸せに今から浸って居ります。
TRSの歴史と伝統を築いて戴いた諸先輩、それを継承し繋いで戴いている皆様のお蔭と心から御礼申し上げます。

長門 諄一

2020年 豊中市民ラグビーカーニバル(第2日目)

2020豊中市民ラグビーカーニバル二日目が11月8日マリンフード豊中マルチグランドで開催されました。
夜来の雨で、ところどころに水たまりの残るグランドコンディション。スタッフ及び父兄でタオル等で水たまりの除去。
午前は、茨木ラグビースクールとの定期戦(幼年・1・2・3年)です。2年生までのチームは危険防止のため「タグラグビー」での試合です。
(幼年)          (1年生)
茨木A5-9豊中A      茨木A10-4豊中B
茨木A7-10豊中B      茨木B11-9豊中A
茨木B7-9豊中B      茨木B11-6豊中B
茨木B3-7豊中A      茨木A11-7豊中A

(2年生)         (3年生)
茨木B8-7豊中A      茨木A9-4豊中B
茨木A8-6豊中B      茨木B5-3豊中A
茨木B11-10豊中B      茨木B4-3豊中B
茨木A10-4豊中A      茨木A3-5豊中A

午後からは4・5年生の練習後、中学の交流試合を開催しました。豊中ラグビースクールは早い出足のディフェンスに、突破力とフォローによる繋ぐラグビーを随所に見せ、新チームとして幸先のいい試合展開をしました。参加チームは豊中ラグビースクール、豊中中体連(第四中学校、第十二中学校合同)城東区今福西にある大阪市立鯰江中学校

<中学交流戦の結果>
豊中RS42-0鯰江中学
豊中RS34-0豊中中体連
鯰江中学26-7豊中中体連

コロナによって豊中市の後援が中止される中、スクールのコーチや父兄など関係者のご協力で、無事「豊中市民カーニバル」を開催できました。
皆さんのご理解とご協力に深く感謝申し上げます。
豊中ラグビーユニオン 宮本信隆

2020年 豊中市民ラグビーカーニバル開催(第1日目)

昨夜の雨が夜中に上がったとはいえ、グランド状態は水たまりが数か所でるなど決していい状態とはいえず、開催について悩みましたが、天気予報では晴れマーク。
高校生の交流戦は午後からということで、カーニバル開催を決定し、朝からラインひきなど準備を行い、午前中のスクールの練習と午後から高校生の交流戦を実施しました。
今年は、初お目見えの生野高校、四条畷高校の参加いただき。高津、北野と伝統校が参加。オールドファンには懐かしいチームが出場し楽しいひと時を過ごしました。
1・2年生の新チーム主体のゲームでした。まだ、ラグビーに不慣れな選手もいて、パスミスなどイージーミスの目立つゲームでした。しかし、時にはおーっ!と歓声のあがるプレーも随所にみられ、今後の成長が楽しみなチームです。
また、桜塚高校には1年生で女子選手がSH(スクラムハーフ)として出場し、男子生徒に混じってひたむき・懸命に頑張っていました。
8日には、カーニバル2日目として、午後から中学の交流戦が行われます。

<高校の交流戦結果>

  1. 合同VS四条畷 10-20
  2. 北野VS生野   0-15
  3. 合同VS生野   0-15
  4. 高津VS四条畷 25-0
  5. 高津VS北野  30-0

※合同(桜塚・渋谷・東淀川・箕面学園・大商学園)

第26回豊中市民ラグビーカーニバルの開催について

朝夕の冷え込みも「秋」を感じさせる今日この頃、コロナ禍の中いかがお過ごしでしょうか。
恒例の「市民ラグビーカーニバル」について、市が主催及び後援事業ついて「中止」を決定するなど、厳しい状況となっていました。
しかし、9月に入り、全国高校ラグビーの開催、府予選の実施など、ラグビーシーズンを迎えることとなっています。
コロナ禍で自粛ムードなど社会の活性化が低調気味な雰囲気を青少年の元気なプレーを市民の皆さんに披露することで元気づけられたらと考え、例年の規模を縮小し、以下の日程でカーニバルを実施します。
観覧される方のマスク等の着用、入り口でのアルコール消毒などを実施しますのでご協力をお願いします。

11月3日(火・祝)
9~12時 ラグビースクール練習(タグラグビー体験会)
12~16時 高校生・OB交流会

11月8日(日)
9~12時 ラグビースクール練習
13~16時 中学生交流会

【高校参加校】
生野、北野、高津、四条畷、桜塚、渋谷、東淀川、箕面学園

【OB出身校】
池田、池田北、茨木西、北野、渋谷、少路、東淀川、箕面自由学園、履正社、関西学院、尾道 他

【参加中学校】
豊中市立第四中学校、豊中市立第十二中学校、大阪市立鯰江中学校、豊中ラグビースクール中学部

退記念交流試合を合同練習に切り替え開催

9月に入り「ラグビーシーズン」を迎える。しかし、ここでもコロナも影響を受けている。関西の大学ラグビーの雄天理大では、ラグビー部の寮でクラスターが発生した。シーズンに向けて本格的な練習を再開した矢先の出来事で、関係者に衝撃を与えている。また開催注目された「全国高校ラグビー大会」は従前の日程(12月27日~)で花園で開催されることとなった。各県における予選大会も逐次開催されることとなった。

当ユニオンでは、大会が中止になった場合。高3の生徒諸君が試合もないまま引退していくことに有終の美を飾る場を設定したいとの要望を受け、ラグビースクール等との調整を行い、9月12・26・27日の日程でマルチグランドを確保し、その諸準備に入った。その準備段階で「大会開催」が決定され、こちらでの準備は必要なくなったが、せっかくの機会でもあり、特に単独でチーム編成ができない学校などが合同チームを組んで大会に臨むこのもあるので、合同練習とスクール生へ見学開放を通じてラグビーの育成普及に寄与することを目的に当該日を当てることとしました。

12日は「桜塚・渋谷・東淀川・箕面学園」合同チーム、「島本・春日丘・高槻北・三島・清水谷・緑風冠・大商学園」合同チームが芝生のグランドで練習を行いました。
26日は「茨木」「大阪電通大高校」、27日は「茨木」がそれぞれ午後から練習されます。

《訃報》

豊中市体育連盟会長の桑村三十三氏が7月3日に永眠されました。享年90歳。生前のご厚誼に感謝申し上げます。
とりわけ、天然芝のマルチグランドの創設にご尽力をいただいたことに深謝いたします。
私たちも豊中市における青少年の健全な発育に全力を尽くし、桑村さんの御遺志を受け継いでいく所存です。
心からのご冥福をお祈りいたします。

合掌